結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪、2つの指輪ついて特に男性の方は実は違いがよく分かっていないという人も多いかと思います。婚約と結婚、どちらも名前がよく似てはいますが、用途や選ぶ指輪のデザインが変わってくるため購入する前に2つの違いについて予め知っておいた方がよいでしょう。

違い婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれ、結婚を約束する、婚約する際に女性にプレゼントする品物です。
ドラマや映画などで、男性がプロポーズの際に箱に入れて彼女の前に差し出す物が婚約指輪にあたります。
婚約指輪のデザインはダイヤモンドなどの宝石があしらわれており、華やかなデザインの物が多いというのも特徴です。
昔は指輪の中央に大きな宝石が爪で固定された派手なデザインの物が主流でしたが、最近ではカジュアルな服にも合わせやすく普段使いしやすい物も増えてきました。

一方で結婚指輪は結婚式の際にお互いに交換しあう指輪です。こちらは、結婚後は日常的にはめる必要があり、男女ペアの物を選ぶ人が多いため、デザインはシンプルで飽きがこないもの、家事などの邪魔にならないものが主流になっています。

プロポーズや婚約の際に男性から女性に渡す指輪が婚約指輪、結婚式で互いに交換しあう物が結婚指輪だと理解しておけば良いでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★Relatedpost