婚約指輪の始まり

男性から女性に贈られる婚約指輪には、「一生かけてあなたを大切にします」という意味が込められています。婚約指輪の歴史は非常に古く、昔の人々も1つの指輪の中に強い気持ちを込めて相手に贈っていたようです。

婚約指輪婚約指輪は既に古代ローマ時代には存在していたと考えられています。
当時は鉄製の指輪が用いられており、花嫁が指輪を受け取ると婚約が成立したことを意味するだけでなく、夫のために純潔を守るという義務が花嫁に課せられたことになります。
この義務を破ってしまうと罰せられたそうです。

指輪に宝石が装飾として使われるようになったのは中世に入ってからと考えられています。
現在では婚約指輪に使われる宝石はダイヤモンドがメジャーですが、当初はサファイヤやルビーが使われていたそうです。初めてダイヤモンドのリングを贈ったのは1477年に後にローマ教皇となるマクシミリアン1世が贈ったものだと言われます。

非常に歴史の深い婚約指輪ですが、日本で婚約指輪を贈るスタイルが取り入れられるようになったのは第二次世界大戦が終わって高度成長期に差し掛かってからのことだそうです。ダイヤモンドの輸入制限が解除されたことにより広く普及し、昭和40年代には宝石会社によるキャンペーンも行われるようになりました。

現在でも婚約指輪は永遠の愛の証としてその習慣は受け継がれ続けています。当サイトでは、これから婚約指輪を選ぶ際に知っておきたいことについて紹介しています。購入の際にこの記事が何かの役に立つと幸いです。